格安スマホのジャンルにふさわしい価格設定

格安スマホでコストパフォーマンスが良いのはFREETEL(フリーテル)の製品です。Prioriシリーズの第三弾となるPriori3LTEは、4.5インチの大きさで約120グラムの重さとなり、片手で楽に操作できる大きさのスマホです。

 

OSはAndroid5.1、CPUはクアッドコアの1GHz、、内臓メモリを8GB搭載しているので、アプリケーションなどを問題なく軽快に動作させる事ができます。別途128GBまでのmicroSDカードを組み込むこともでき、800万画素のメインカメラと200万画素のインカメラによってSNSなどへの投稿も大丈夫です。

 

もちろんGPSも搭載されており、カーナビとしての使用も可能です。SIMカードについては、標準SIM、microSIMの2スロットを搭載しているので、日本のSIMカードと海外旅行などで現地のSIMカードを差し込みデュアルSIMとすることで、日本と海外旅行先での電話を同時に待ち受けすることができます。

 

このスペックで販売希望価格は12,800円(税抜)となっており、格安スマホのジャンルにふさわしい価格設定がされてます。